最新医療情報

潜在性甲状腺機能亢進症

2018年7月4日 更新

最も権威のある臨床医学専門誌の一つであるNew England Journal of Medicineの最新号に潜在性甲状腺機能亢進症に関する論文が掲載されましたので、簡単にご紹介します。

甲状腺機能亢進症では血中の甲状腺ホルモン(FT3、FT4)が上昇、TSHが低下し、動悸、手指のふるえ、体重減少などの症状が出現します。一方、潜在性甲状腺機能亢進症は血中甲状腺ホルモン(FT4、FT3)は正常範囲内(通常、正常範囲内の中央以上)ですが、TSHが正常下限を下回る状態で、一般的には自覚症状は認められません。多くの患者ではTSHは0.1から0.4 mU/Lの範囲内ですが、一部の患者では0.1 mU/L以下になります。

原因

バセドウ病、機能性甲状腺結節、甲状腺ホルモン製剤の過剰投与などが原因。

影響

  • 甲状腺機能亢進症への移行: TSHが0.1 mU/L以下である場合には、この状態が持続するか、あるいは、明らかな甲状腺機能亢進症に移行することがあります。
  • 心血管病: TSHが0.1以下の場合、心房細動、心不全、心血管死が増加する可能性があります。また、加齢とともに心房細動のリスクが増加することも報告されています。
  • 骨減少・骨折: 特にTSH0.1 mU/L以下の場合、骨粗鬆症による骨折のリスクが上昇します。また、軽症の潜在性甲状腺機能亢進症でも骨折リスクが上昇するという報告もあります。
  • 認知症: 潜在性甲状腺機能亢進症と認知症の関連はよく知られています。70歳代のTSH0.1 mU/L以下の潜在性甲状腺機能亢進症では認知症のリスクが上昇すると報告されています

評価

高齢者では一般的に無症状ですが、若年者では頻脈、手指のふるえなどの症状が出現することもあります。潜在性甲状腺機能亢進症でなくても、TSH分泌を抑制する薬の服用(ドパミン、ブロモクリプチン、高用量のグルココルチコイドなど)、視床下部・下垂体疾患、精神疾患、妊娠第1三半期(妊娠14週未満)、妊娠悪阻などでも、TSHが低値を示すことがあるので注意が必要です。

血液検査で潜在性甲状腺機能亢進症を認めた場合には、2〜3ヶ月後に再検査が必要です。

治療

65歳以上の高齢者や閉経後女性、また、骨粗鬆症などの骨減少状態や心血管病を合併している患者では、潜在性甲状腺機能低下症が持続することによる悪影響が大きいため、治療が望ましいと考えられます。これらの患者で、特にTSH0.1 mU/L以下の場合には治療が必要です。

一方、一般成人でこれらの合併症がなければ、潜在性甲状腺機能低下症は、通常、経過観察しますが、TSH0.1 mU/L以下の場合には治療が望ましいと考えられます。

わが国では成人の約1.7%が潜在性甲状腺機能亢進症該当するといわれています。現在、日本甲状腺学会は潜在性甲状腺機能亢進症の診療ガイドラインを作成中です。

論文(英語):
DOI: 10.1056/NEJMcp1709318

関連キーワード
最新医療情報
内科
糖尿病内科
甲状腺内科
脂質代謝内科
循環器内科
その他

ページの先頭へ